スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

お着物を買った話

日曜日、着物を買いに行ったんです。

母が広告で呉服屋さんの処分市をみつけて、これは母をふだん着物に巻き添えにするチャンスと思って一緒に出かけてきました。

お店のおばさまは私たち親子をみるなり「裄困るでしょう~」と話しかけてこられて(2人して160cm前後で腕が長い)、まさにそうなんですよね、と自然に会話がスタートしました。
祖母より少し若いかな?くらいの世代の方でしたが、これがおばさまのコミュ力、恐るべし……

とかいうのはまあよくて、着物はどこかお店で着付けてもらうの?と聞かれたとき、「いや主に独学で…」と答えた後、ちょっとまずいかなと思って
「本当は着付け教室とか通ったほうが良いんだろうなとは思うんですけどねえ~」と軽く言い訳じみたことを付け足したのです。

そうしたら、「昔はお教室なんかなくてみんな自分で着方覚えていったんだから良いのよ」と仰っていただいて。そのあとすごく安心して着物選びが出来ました。
うっかり長着二つと帯一つに小物も追加しましたけれども母も着てくれると言ってくれたので後悔はしてません笑


噂に聞く「お直しおばさん」や「正しい和装おばさん」とはまだお会いしたことがありませんが、どうしても身構えてしまう節があります。
和装したい!と思い立ったとき、まずふだん着物着てらっしゃる方のブログを読み漁っていたので……
まあ電車では悪目立ちするので色んな方の、特に年配の方のすごい視線をいただいたりしますけども。
自分が後ろめたくなければ堂々としていればいいのだし、後ろめたくならないように基本をなるべく押さえておきたいなと思いつつ、せっかくだから若いうちに積極的にかぶいていきたいなとも思ったりします。

買った着物はまだお写真撮ってないので載せられないのですが、折を見てご紹介しますね。
できれば着て写真撮りたいな……機会を作らねば……

スポンサーサイト

2016.02.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 着物

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。